1. HOME
  2. 採用情報
  3. 技術人 唐木 祐三[開発設計課]

技術人 唐木 祐三[開発設計課]

昔から電化製品や自動車が大好きで物をいじるのが好きでした。そのため就職にあたっても、製造業に絞って活動。プレス技術に対する興味もあって、「この会社であれば、いろいろな自動車部品を手掛けられる。そして『モノづくり』の醍醐味を実感できるに違いない」と確信し、迷うことなく入社を希望しました。

現在は、開発設計課に配属され、プレス加工が困難であろう製品の試作を行い、量産立ち上げまでかかわる仕事をしています。
そのため、幅広い知識と技術が必要になり、試行錯誤を繰り返しながら難易度の高い仕事にチャレンジしています。
今までは、社内での仕事が主でしたが、取引先様はじめ、社外の人と関わるようになり、広い視野とコミュニケーションの大切さを学んでいます。

入社後設計課に配属され、自分で作成した図面上の金型が実物となって完成し、そこから製品が作られていくのを初めて見たときは、感動すら覚えました。一枚の鉄板が工場内でプレス加工され、ほんの数十秒後には1つの部品となって生まれ変わるのです。試行錯誤を繰り返しながら作り出した金型が、製品を生み出していると考えると、誇らしくもあります。

同年代で切磋琢磨し合える仲間がたくさんいるところ、やる気次第で仕事の幅を広げることができる柔軟さを持っているところが好きです。上司や先輩もそばにいてくれるので、わからないことがあったり、悩みがあったりするときには、気軽に相談ができます。一人で開発を進めるのではなく、周りのメンバーの協力を得ながら進めていくので、自信を持って取り組むことができますよ。

就活生に一言

正解はありません。
選んだ道を正解にすればいいと思います。

唐木 祐三

開発設計課  2005入社

休日は、家族と遊んだり、買物に出かけるマイホームパパ。年2回のディズニー旅行は欠かせないとのこと。